同窓会のご案内(ご報告)

第4回関西大手前会開催

第4回関西大手前会開催

 

 

 大阪城のソメイヨシノが散りはじめ、大阪造幣局の八重桜が満開を迎えつつあった2016410日(日)、大阪梅田の新阪急ホテルで第4回の関西大手前会が開催されました。

  

 最初に事務局から出席者数の報告。来賓の倉田理事長、副理事長、小野校長、秋山同窓会会長を含め、46名。卒業生会員は42名と、昨年から6名の増。456名の会員への往復はがきあるいは電子メールによる案内に対して、約9%の参加率。参加率は低いながらも、昨年比約1ポイントの増。今年発刊された「平成27年度同窓会会員名簿」により新たに住所が判明した同窓会員への案内、さらには卒業年度毎の学年幹事による勧誘などの効果が表れたものと思われますが、今後とも参加者増への努力が期待されるところです。

 

続いて、会計担当秋山雄一氏(4回生)から昨年の会計報告があり、ご来賓からのご芳志もあり余剰金を多少残しての黒字決算のとこと。

 

 その後本番に入り、主催者代表の高木会長の挨拶の後、倉田理事長のご挨拶があり、大手前中・高等学校の生徒数は順調に伸びていること、また高松校の野球部、サッカー部が県リーグで優勝するなど大活躍いていることなどの報告。さらに、昨年秋の叙勲で長年の教育・私学振興における功績に対して授章され、皇居での授章式にご夫妻で出席された模様についてのお話があり、大変興味深く聴かせていただきました。

 

 続いての秋山同窓会会長からの挨拶では、従来10年ごとの発行であった同窓会名簿を今年は5年ぶりに発行したとの報告。さらに、大手前の往年の名物英語教諭小野先生の遺稿「英訳百人一首」が、ご遺族の意向により当日の出席者に贈呈されるとのこと。出席者全員、小野先生の遺徳を偲び、感謝の念。

引き続き14回生岩渕氏と24回生濱田さんのリードのもと校歌「東の真澄める空に‐‐‐‐」を力強く斉唱。

続いて小野校長先生から「今春の大学入試の成績は、国公立合格率61.5%と県下トップクラスを維持」等、最近の学園状況のお話の後、先生の音頭で乾杯し、歓談に入りました。

 1 2

 

3 4

 

5

 

 

 

 しばらく歓談の後、倉田眉貴子副理事長から、パワーポイントを用いて最近の学園の活動状況の報告。大学入試のための勉強だけでなく、種々の文化活動にも力を入れるとともに、英国イートン校へ留学制度を取り入れるなど、世界に通用する人材の育成を目指しているとのこと。我々旧世代の「ガリ勉大手前(?)」とは大変貌の様子。

開会から1時間半後、野田和響氏とお弟子さんによる大正琴の演奏を楽しみました。大正琴は「日本人が作り出した唯一のオリジナルな楽器」とのこと。

 

6

 

午後2時、スナップ写真、集合写真撮影の後、三々五々の解散となりました。

7

 

 

当日の出席者は以下の通りです。来年は現在のところ4月の第2日曜日(49日)の開催を予定しています。当会を各卒学年の同期会として利用される等で、さらに多くの方が参加されることを願っています。

(文責 秋山哲夫)

 

 

ご来賓

 

理事長

 

倉田康男様

   

副理事長

 

倉田眉貴子様

   

校長

 

小野眞澄様

   

同窓会会長

 

秋山憲夫様

会員

       
 

卒年

卒回

 

氏名

 

昭31

1

 

高木啓志郎

 

昭33

 

秋山尹、小林義郎、宮本進

 

昭34

 

秋山哲夫、秋山雄一、麻谷照憲、原田浩

 

昭35

 

荒川一郎

 

昭36

 

金子博子、平澤久紀、宮崎育代

 

昭40

10

 

竹広由利子、蓮井幸應

 

昭41

11

 

横内正法

 

昭42

12

 

阿賀信一郎、今井伸一、北村明信、篠原潤一、三谷崇、宮崎和代

 

昭43

13

 

石川順、内田朝日己、長谷雅史、森角正博、増田洋児

 

昭44

14

 

岩渕隆次

 

昭50

20

 

石川正治、合田泰規、山神修

 

昭54

24

 

浜田誠子

 

昭55

25

 

尾崎美恵子

 

昭57

27

 

岩崎尚

 

昭58

28

 

鎌田信哉、中尾智佳子、村上修子

 

昭60

30

 

藤田幸之助

 

平 2

35

 

冨家真理

 

平 5

38

 

上利理代、黒木恵美

 

平12

45

 

合田光寛

 

平18

51

 

平井陽介

以上